<<prev entry | main | next entry>>
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

ロンドンは上がったり下がったり

9時前にエディンバラのホテルをチェックアウトし、トラムで空港まで。
最悪のシナリオは考えていたので、想像よりスムーズにロンドンのホテルに到着。

しかしフロントのお姉さんの英語がまったくわからず(T ^ T)こんなにわからんもんかぃ?(ー ー;) 自信を失う。
それもなんとか関門を突破し、やっと部屋へ入ったら…
掃除できてへんやん( ̄◇ ̄;)
ど〜言うことでしょうか?


フロントに戻り、そのことを英語で伝える。
結局、部屋チェンジになる。
もぉ〜 ツカレル

気を取り直し、地下鉄でピカデリーサーカスまで。エロスの広場、トラファルガー広場へ。そこで謎の女性に声をかけられる。
少し質問していい?って英語で。
結局あれこれ質問される。
可愛い東洋人系だったけど、何か買わされるのではないかとビビる。だって空港の売店で、水を買ったときに、抱き合わせで新聞を買わされかけたんもんで^^;


バスルームのシャワーが出ないんですけど…。
格闘し、諦めて出てきたところで、なんとフロントから電話。
( ̄◇ ̄;)
電話口で流暢な英語をシャワーのように浴びせられる( ̄◇ ̄;)

Sorry.I don't understand

↑まさしく、この言葉しかでてこなかった。

どうやら、チェックインの時の部屋が汚かったことの謝罪と、今はanything OKか言う確認らしい。

シャワーが出ないし、ヘアドライヤーが使えんのですが?
あと、充電しようにもコンセント差しても電気こないし(ー ー;)

結局、部屋に行くと言うので、15分後をお願いする。

結果、全部クリアでチェンジ・ザ・ルームはなかった。

良かったよぉ(T ^ T)
もう完全に気持ちが電池切れで、動けない(ーー;)

もぉ〜(T ^ T)
テンションを上げたり下げたりしてくれるわっ、ロンドン!

author: nagi
[旅行記](U.K.旅行記) | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://nagiym.jugem.cc/trackback/2032
TrackBacks:
 
 
リニューアルサイト
flap n@gi style
引越し、新しく作り直しました。
まだ工事中ですが、見切り発車します
よろしくお願いします


Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3